枕飾りについて②

こんじんまりでも、あたたかい貸切り家族葬斎場
北九州地域で一番の安心低価格!
一斎場一葬儀なので少人数で大切な方との最後の時をゆっくりとお過ごしいただける葬儀社「家族葬・直葬の心響(こきょう)」です。

806-0044
北九州市八幡西区相生町6-27
0120-296-940(ふくろうとくよう)

ブログを読んで頂きありがとうございます。
心響グループは納得の安心低価格で充実の内容をご提供致します。
会館使用料・安置料・宿泊料無料!
会員様はその他お得な特典多数ございます。

是非ホームページも覗いてみてください。
https://simple-kokyo.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

皆さんこんにちは。沙耶です。
前回に引き続き、枕飾りの道具についてまとめて行きます。

まず、仏教の枕飾りについてです。
仏教と言っても、その宗派により飾り方や準備するものは異なる場合もあります。
仏教の多くの宗派では、故人様のそばに台を設け、三具足と呼ばれる三種の道具を置いていきます。
三具足「香炉、燭台、花立」です。
この三種は、基本的に仏教であれば欠かせない道具となります。
また、宗派により鈴(りん・おりん)や、水、枕団子、枕飯を供え物としておくこともあります。

次に、神道の枕飾りについてです。
神道の場合、八足机と言われる机に、三方(神饌を載せるための台)、燭台、花立を置き、三方の上には、水、洗米、塩、お神酒などを供えます。
この時、故人様が好きだった食べ物などを供えることも可能です。

お供え

最後に、キリスト教の枕飾りです。
キリスト教では、本来枕飾りという習慣はなく、日本で浸透していく中で用意することが増えてきているようです。
その場合、十字架、聖書、生花をお飾りします。
お供え物としてはパンや水が供えられることが多いようです。

いかがでしたでしょうか?
宗派により、用意するものは違えど、燭台や花など、一貫して飾られているものもあります。
次の記事では、それぞれの意味についてもう少し細かく書いていきたいと思います。