弔辞(ちょうじ)②

皆さんこんにちは。
前回に引き続きブログを担当させていただく業務部の林です。
今回は弔辞とは何なのか、弔辞を作成する際のポイントについて詳しく書いていきます。

弔辞(ちょうじ)とは、故人様と親交の深かった人が霊前に捧げる故人様を弔う言葉の事を指します。
弔辞を作成する際のポイントとしては、一般的に弔辞の長さはゆっくり読んで三分程度、長くても五分以内にまとめると良いと言われています。
また、弔辞を作成する際、出来るだけ避けた方が良いとされている言葉としてご遺族様に挨拶する時と同様、不幸が重なるイメージを連想させる言葉や「死亡」といった直接的な言葉等の忌み言葉は弔辞でも避けた方が良いとされています。

弔辞と聞くとどうしてもきっちりとした固めの文章にするべきと思いがちですが、無理に難しい言葉を使う必要はなく、生前の思い出や故人様の人柄を偲ばせるエピソードを自分なりの言葉でまとめると良いのではないかと思います。

最後までお読み頂きありがとうございます。
これからもブログを書いていきますので次回も読んで頂けると幸いです。
それでは失礼致します。

弔辞

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんじんまりでも、あたたかい貸切り家族葬斎場
北九州地域で一番の安心低価格!
一斎場一葬儀なので少人数で大切な方との最後の時をゆっくりとお過ごしいただける葬儀社「家族葬・直葬の心響(こきょう)」です。

806-0044
北九州市八幡西区相生町6-27
0120-296-940(ふくろうとくよう)

ブログを読んで頂きありがとうございます。
心響グループは納得の安心低価格で充実の内容をご提供致します。
会館使用料・安置料・宿泊料無料!
会員様はその他お得な特典多数ございます。

是非ホームページも覗いてみてください。
https://simple-kokyo.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー