遺骨の供養③

家族葬・直葬の心響(こきょう)ブログをご覧になられているみなさん、こんにちは!
今回は業務部の坂本から、「永代供養(えいたいくよう)」についてお話させていただければと思います。

『永代供養』という言葉に聞き覚えがある方もいるかもしれません。
「永代」は「長い年月」を指し、お寺様や霊園に遺骨をお預けし、供養や管理を行なっていただくものです。
檀家になることを条件とされているお寺様もありますが、一般的には仏教やキリスト教などの信仰している教義である「宗旨(しゅうし)」、またそこから派生した浄土宗、浄土真宗といった「宗派(しゅうは)」は問われず、どなたでもご利用できる供養方法です。

前回お話した通り、少子化などの影響を受けて近年は代々お墓を継承していくことが難しくなっている傾向にあります。
そのため新しくお墓を建てるより費用が抑えられること、供養や管理をお寺様や霊園へお任せできることから選ばれる方も多くいらっしゃいます。

しかし注意する点としては2つあり、まず1つ目は他の人とも一緒に入ってもらう「合祀墓(ごうしぼ)」であるという点です。そのため2つ目の注意点として、再び遺骨を取り出すということができないことが挙げられます。
ご納骨する際には一般的なお墓と同じように骨壷の状態で納めますが、一定期間が経過した後はお骨を細かく砕き、パウダー状にする粉骨(ふんこつ)をしてから麻袋に入れ、地下にあるカロートと呼ばれる穴に落とすためです。

心響(こきょう)、並びに中間市にある真浄葬祭(しんじょうそうさい)では、宗教法人の認可を得たお寺様が管理されている「なごみ霊廟(れいびょう)」をご紹介することが可能です。
粉骨費用としては一律5千円、また他社でご葬儀をされた方は10万円、心響(こきょう)、ならびに真浄葬祭(しんじょうそうさい)でご葬儀をされた方は5万円の料金を一度お支払いいただければ、後々の集金や年会費等かかることなく永代に渡って供養していただくことが可能です。また、現在は他にも様々な需要により広くお応えするため、屋外型の納骨堂や納骨型位牌など、更に細分化された新しい納骨方法のご提案も予定しています。

お墓選びは一生に一度の大きなイベントになりますので、焦ることなく、ご家族と相談しながら慎重に決められてください。
弊社では納骨先のお悩みはもちろん、斎場の見学やお見積りまで事前のご相談も承っておりますので、困ったことがあればぜひお立ち寄りいただければ幸いです。

永代供養

最後までお読みいただきありがとうございました!
次回はまた別の事柄についても勉強し、掲載させていただければと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんじんまりでも、あたたかい貸切り家族葬斎場
北九州地域で一番の安心低価格!
一斎場一葬儀なので少人数で大切な方との最後の時をゆっくりとお過ごしいただける葬儀社「家族葬・直葬の心響(こきょう)」です。

806-0044
北九州市八幡西区相生町6-27
0120-296-940(ふくろうとくよう)

ブログを読んで頂きありがとうございます。
心響グループは納得の安心低価格で充実の内容をご提供致します。
会館使用料・安置料・宿泊料無料!
会員様はその他お得な特典多数ございます。

是非ホームページも覗いてみてください。
https://simple-kokyo.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー