お葬式の流れ

  1. ご臨終(病院で亡くなられた方)

    病院での遺体処理が終わると普通はそのまま帰宅しますので、「直葬・家族葬の心響」 0120-296-940 に ご一報下さい。
    病院から葬儀場までの霊柩車を手配します。

    ご臨終(自宅で亡くなられた場合)

    まず「直葬・家族葬の心響」 0120-296-940 にご一報下さい。 スタッフがお伺いし、ご説明とお手伝いを致します。
    寝台車(霊柩車)送迎無料

  2. ご葬儀の打ち合わせ

    宗教者を呼ぶ場合、安置後すぐに連絡してお参りの依頼をし、通夜・葬儀の時間を打ち合わせします。

  3. 死亡診断書と死亡届の手続き

    死亡届は、七日以内に死亡地または本籍地、もしくは届出人(親族)の 現住所の市区町村役場へ届け出なければなりません。事務手続き完全無料

  4. お通夜

    遺族・親族が焼香をした後、弔問客が故人の冥福を祈り焼香します。
    通夜の会館使用料無料

  5. 葬儀当日のお別れの食事(お斎)


  6. ご葬儀・告別式

    葬儀の会館使用料無料

  7. ご出棺・火葬

    葬儀が終わると、近親・縁故者が生花などを故人に捧げて永別を惜しみます。
    埋葬許可証の手続き無料

  8. 葬儀終了後

    諸手続きや返礼品の手配などむしろ、葬儀終了後のほうがすることは多いと いえます。
    当社では必要な心得や諸手続き等を適切にアドバイスしておりますのでご安心 ください。




◎初七日(七日後もしくは葬儀当日)

最近では葬儀当日に行うことが多くなっています。
終了後、料理などでおもてなしをします。
精進揚げ会場使用料無料

家族葬とは

私たちが想う家族葬とは、故人様のことを知っている、 親戚でないけれどもお世話になったなど 生前に故人様と親交のあった方までお呼びして執り行う葬儀を 家族葬だと考えてお手伝いをしております。 なぜなら、葬儀とはお互いに支え合いながら 悲嘆から回復する場であり故人様を縁として また新しい人間関係を構築する場でもあるからです。

シンプル葬とは

 本来、直葬(ちょくそう・じきそう)とは「病院から直接火葬場へ」という考え方をさしますが、亡くなってから24時間を経過しないと火葬することができない、病院側はすぐに搬送してほしい等の問題からどこかに安置する場所が必要となります。

ただ安置をするだけでなく、葬送文化を継承すること故人様の尊厳を守ること、家族の方が死を受け入れ、環境の変化に適応するプロセスを支援するためのグリーフケアを行うこと、私たちはこの三点の取り組みを行い、直葬とはいわずにシンプル葬という考え方を提案をさせていただいております。